ひいふうみ&スタッフ体制について

◆◆◆ごあいさつ◆◆◆

平成20年12月より
富士見台一丁目、府中市との境に
小さな家庭保育室を開設いたしました。

目の前に畑が広がる、のどかな住宅地の
一戸建て1階部分を、保育専用室として開放し
産休明け(生後57日目)から2歳児までを
お預かりさせていただいております。

ご家庭での子育てと近い環境での
少人数の家庭的保育。
お子様にとっても、ご両親にとっても
無理なく安心して過ごせるような保育室に
なるよう努めております。

〔ひいふうみ〕紹介

国立市の認定を受けた

家庭的保育事業者です

保育室開設の歩み


H20/12月 家庭保育室Child*Nuts開設

      定員2名でスタート

H21/9月   定員3名受け入れ開始  
H27/4月   新制度により国立市認可の
             家庭的保育事業所へと移行
H29/4月 保育室名を【ひいふうみ】に

     改名
H31/4/1 給食提供開始

【代表プロフィール】


近藤直美(こんどうなおみ)
S44生まれ・新潟県出身
夫婦と娘&息子の4人家族
流通業勤務から一時専業主婦に。
育児中に保育士資格取得
個人ベビーシッター開業
派遣保育士、保育ボランティア等を経て
H20/9国立市家庭福祉員認定

【資格/認定/受講】

保育士
防災士
甲種防火管理者
食品衛生責任者
各社 救急救命講習受講・更新

(消防上級救命/L.S.F.A.Chiidren's乳児小児用CPR/MFAチャイルドケアプラス)


【所属/会員】
NPO法人 家庭的保育全国連絡協議会 正会員
国立市育児(産後)支援サポーター
国立市ファミサポ協力員

スタッフ体制

【補助スタッフを入れ2名の保育士で、お子様3名を保育】


スタッフ全員が保育士資格所持


代表(近藤)及び補助スタッフ3名全員が

保育士資格を所持しております。


スタッフ全員の

救命講習受講済み

ライセンス証を

保育室玄関に提示しております

お子様3人:保育士2人


日常の生活では、

状況に応じて補助スタッフを配置し、

より豊かな保育環境を提供すると共に

お昼寝も"睡眠観察・呼吸確認に専念"の

見守りスタッフを付け

複数の目・手で事故防止に努めております。


この年齢のお子様に対して

充分にケアができるベストな人員配置です。

保育する側としても

気持ちに余裕をもって接することができ、

ゆったり、穏やかな時間が流れています。

研修・スキルアップ

お子様と関わる全スタッフが

消防上級救命講習
及び 

MFA-Japan幼児・小児救命講習、又は

LSFA-Children's「こどもの事故と応急手当」受講

年一回以上の再講習を義務付け。


保健師・看護師が常駐していない保育形態の為、

非常事態では即・119通報いたします。


通報訓練、救急車が到着するまでの救命訓練、

応急手当、スタッフ同士の連携訓練など、

スタッフ2名の際の通報・蘇生シュミレーションを

日常の保育の中でも定期的に実施しております。

自主講習の他、

外部講師を招いてのロールプレイなど、

緊急時に確実に動ける体制を作っています。